Vol.32 回れ回れメリーゴーランド

最後のキークエストは、アトラクション感覚のデカブツ。

こいつは大きいのにあまり怖くないんですが、結局戦い慣れしてるかどうかなのか……?

腕が錆びたハンターと、体が苔に覆われたモンスターの戦い……。

★6 ドボルがために銅鑼は鳴る

今回の対戦相手は背中のコブと尻尾の丸みが特徴のドボルベルク。名前は本当にかっこいい。見た目は……

こうからの?
こう。


吠える瞬間の写真がモンスターの様子を全く映さないのを分かっているのに、かっこいいから撮っちゃう……。


ドボルベルクの攻撃は、尻尾を利用したものが非常に多い。と言うのも、彼の尻尾はかなり頑丈な作りで、簡単に言うと砲丸投げの砲丸みたいな感じ。

それを地面に叩きつけたり振り回したり、しまいには砲丸の遠心力を使ってぐるぐる回る始末。最後は宙に飛んだりするのでどちらかと言えばハンマー投げ

ただ、回っている時に足に一定ダメージを与えると転倒したり、転倒後の背中のコブがめちゃめちゃ弱点だったり、ハンターにとても優しい設計。

攻撃のモーションも読みやすいし連携もかなり単調。正直、ブルファンゴに邪魔されなければもっとサクサク狩れましたわ。


草が多いとこで倒してしまいましたが、つぶらな瞳が見えてるのでセーフ。

という事で無事に!最後の上位クエストへの高き門!!


緊急クエストがやって参りました!!

さぁて、お相手は!?


……ふ、ふふ、最後の関門は甘くないみたいだな……(精神的に)