Vol.37 オトモ猫に初めての装備を

本日はクエストを開拓せずに、攻略のための強化の記事になりますね。

今回強化するのは、そう。猫達の装備です!

実は今までネルバードコンビはずっと……

裸でした。

ネル「氷海とかめちゃくちゃ寒かったにゃ。」

ギルバード「砂漠とか直射日光で肌が日焼けしちゃったニャ。」

ネル「日焼けは盛ってるにゃ。」

ギルバード「!!?!?!!?」


と言うことで今回は、愛しの猫ちゃんに服を着せてあげます!!

王貞「でも猫のために改めてモンスター狩るのダルい。」

ネルバード「!!?!?!!?」

猫の装備の素材は、ハンターの装備を作った時に得られる端材。あんまり装備作ってないからなぁ。ほとんどない事実。

一応モンスターの素材から直接端材に変えることは出来るけど……なんかもったいない気がしちゃいますよね。貧乏性。

現在、王貞が装備中のアシラS装備の端材が10個……。足りるかな……?アシラ装備。

もし作れたら……、猫とハンターのペアルックとか可愛すぎてハゲる。(もうハゲてるだろとか言ったやつは狩ります。)


おお!頭と体で5個。2セットで10個!!ちょうど足りるじゃないか!作成!!

王貞「今までごめんな。この装備でぬくぬくしてくれ。」

ネル「暖かいにゃ。」

ギルバード「ハンターさん。ありがとうニャ。」

王貞「これでモンスターと戦える時間が伸びるね。」

ネルバード「やっぱり装備返すわ。」

王貞「無理です。」


と言うことで完成しました。全力ペアルック!!

かわいい。


ところで今回装備を作る際に初めて気づいたのですが、ギルバードじゃなくて『ギルバート』でした。

ギルバート「やっと気づいたかニャ。ずっと間違えられてて辛かったニャ。覚え直して欲しいニャ。」

王貞「いやめんどくさい。そのうち名前変えとく。」

ギルバード「」

次回は禁足地の魔物。シャガルマガラに狩られます。誤字ではないです。

狩られます。