Vol.43 硬いは正義、ハンターとしては悪魔

最後のキークエスト。高い報酬金。これが意味するものとは……。

★7 鎚と刀の鍔迫り合い

刀モンスター・ディノバルドと、鎚モンスター・ウラガンキン


ウラガンキンはこのブログでは初登場ですね。本当に剣士ハンター泣かせなんですよこいつは。

何と言っても硬い全身鉱物で覆われたようなモンスターですからね。なんなら実際、ダウンした時に背中から採掘できるし……。


今回は、時間がかかってしまいそうなウラガンキンを後回しにすることを決意。ディノはもう戦い慣れてるからね。

しかし、早速……。

手前ガンキン、奥がディノ。


合流。なんなの?仲良しなのかお前ら?まだ5分経ってないのに。クエストタイトルに偽りアリじゃねーか。

とにかく1vs1の構図を作ってディノバルドを倒す作戦。こやし玉マジ便利。

普通の攻撃はモーションが分かりやすくてジャストアクションは楽なんだけど、足元にいると弱攻撃の噛みつきを頻繁に食らう。

しかも火属性やられ付き。じわじわと体力を削られる。うーん。大技より小技がここまで優位に立つモンスターなかなかいないぞ……。


しかし、ジャストアクションがたくさん決まると言うことはカウンターを何度も食らわせることが出来ると言うこと。かなり回復アイテムを使ってしまったものの、15分で退治。


うーん、やっぱりまるでシンゴジラ。ディノは見た目怖い。


さて、厄介モンスターウラガンキンですが、硬いと言う点以外にこんな厄介さが……。


MHXシリーズをやっていない方にはわかりにくいかと思いますが、エリア3は激狭エリア。しかも真ん中にブラインドになり得る柱が立っているため、相手の行動を視認しにくい。

その上相手は、自慢の硬い体を活かした転がる攻撃を仕掛けてくるウラガンキン。なんだこれ、圧倒される。あっという間にボロボロにされる。

弾かれて被弾。見えないところからの転がる攻撃で被弾。ランダム転がりに回避失敗して被弾

顎叩きつけをジャストアクション失敗して被弾。ウラガンキンがその辺に投げた爆発物が爆発して被弾。また顎に弾かれて被弾……。

気付けば、二乙。さらに回復薬10個・回復薬Gを10個・応急薬を12個、これだけある回復アイテムを全て使い切ってしまう大失態。ディノに使いすぎたのがここで効いてくるとは……。

サブタゲ支給品を欲しがるも、竜の大粒のナミダを落としてくれない。やばい。これは本格的にやばい。


とにかく、無駄なダメージを減らす。チャアクではなかなか珍しい『ヒット&アウェイ戦法』に変更。じわじわと相手を追い詰めることに。

しかし、無情にもモンハンシステムは、

「クエスト時間は残り10分です。」

と告げる。ここへ来てクエスト失敗は辛すぎる。頼む。

祈るような気持ちで、また、手汗が止まらないような状態でダメージを重ねる。相手の攻撃範囲を甘く見て被弾した際には「そういうダメージがもったいないんだよ!無駄ダメージあかんて!!」と、関西人でもないのに関西弁でツッコミ……。

そして……。

そしてとうとう……。

決着の時が来た……。

王貞。辛くも勝利。

久々にガッツポーズしたよ俺。精神疲労がひどい一戦でした。


これにより、無事緊急クエストを開放した王貞。最後のキークエストでこんなにも苦戦するとは……。

最後は、ウラガンキンの硬さが際立つ写真でお別れです。苦労かけやがって……。ありがとうございました。